診療内容

皮膚のトラブルおまかせください!

皮膚科専門医による最新の治療をおこないます。
  • しっしん
  • 虫刺され
  • かぶれ
  • 水虫
  • とびひ
  • 単純ヘルペス
  • 帯状疱疹
  • いぼ
  • きず
  • やけど
  • タコ
  • ウオノメなど

わかりやすくご説明しますので、
お気軽にご相談下さい。

一般的な皮膚疾患(しっしん、虫刺され、かぶれなどの炎症性疾患、水虫、とびひ、 単純ヘルペス、帯状疱疹、いぼなどの感染症、きず、やけど、タコ、ウオノメなど) を中心に診療を行います。最近、高齢化を背景に皮膚がんの患者数は増加傾向にあり ます。皮膚がんのなかには『ほくろ』や『しっしん』とまぎらわしいものもありますが、 患部の組織検査が診断に有効です。

■ ほくろ(周りにある紫色の色素はマーキング)

■ 基底細胞がん

■ ボーエン病 数年間『しっしん』として治療されてきた

■ アトピー性皮膚炎<中等症>

■ アトピー性皮膚炎<重症>

■ 老人性色素斑
(ほとんどの中年以降の男女に出現する。類円形で、大小種の褐色斑が出現する)

■ 乳児湿疹
(生後2~3週間から数ヶ月までの間の乳児では、さまざまな原因により、湿疹、皮膚炎を生じやすい)

■ マダニ刺咬症
(マダニが皮膚を吸着して生じる。マダニを無理に引っ張ると、口器を残してちぎれ、後に異物内芽腫を形成するため、口器ごと取り出すか皮膚を切除する必要がある)